2021年07月06日

6月3・16日に新人看護職員研修を行いました。

6月3日(木)シリンジポンプ・輸液ポンプの研修を行いました。
臨床工学技士より、操作方法や注意点などの説明を受けた後、それぞれがポンプに触れ演習を行いました。
IMG_7840 (2).JPGIMG_7843 (2).JPG
管理がより重要な薬剤を患者さんへ投与する医療機器であり、正確に操作方法を理解し確実に投与を行う必要があります。繰り返し、練習したことで、スムーズに操作できるようになりました
「ポンプを操作するときは、先輩と一緒に確実に操作します」と緊張感を持ち実践しようとする態度が印象的でした。これからも、少しずつ確実に実践できるように一緒に頑張りましょう。

6月16日(水)防火訓練に参加しました。
夜間の火災を想定した、防火訓練の見学をしました。訓練の後に、消火器、消火栓の使用を新人看護師全員行いました。
IMG_7874.JPGIMG_7876.JPG
消火器や消火栓を初めて使用した新人看護師もいました。的に向かって消火することは想像以上に難しかったようです。
病院でも、いつどこで火災が起きるのかわかりません。訓練を行うことで、火災が起きた時に自ら行動できると思います。これからも訓練で学んだことを忘れないで欲しいです
posted by 佐賀中部病院 看護課 at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月08日

5月は「口腔ケア」「経管栄養」「摂食嚥下・食事介助」「糖尿病の知識と看護」「インスリン・血糖測定」について研修を行いました。

5月13日(木)午前中は「口腔ケア」「経管栄養」について学びました。
IMG_7818.JPG
寝たきりの患者さんを想定して練習を行いました。高齢の患者さんは特に口腔内が乾燥しています。苦痛な思いを与えないように声をかけ、丁寧な演習ができていました。
IMG_7812.JPG
鼻腔栄養の演習を行いました。新人看護師は「次は唾を飲み込む感じでゴックンしてください」と声をかけながら演習できていました。傍で見学していた新人看護師が人形に、自然と手を差し伸べ摩っている姿をみてとても感動しました。
5月13日(木)午後から「NST」「摂食嚥下・食事介助」について学びました。
IMG_7822.JPG  IMG_7820.JPG  NST委員から「当院のNST活動」の講義を受けた後に、言語聴覚士からの講義と演習を行いました。実際に、トロミのついたお茶を作りました。嚥下が上手くできない患者さんは、誤嚥しないように介助しないといけません。演習をすることで、トロミの付け方のコツを掴んだようでした。これから現場でも上手に作ってください。

5月27日(木)「糖尿病の知識と看護」「インスリン・血糖測定」について学びました。
IMG_7832.JPG  IMG_7835.JPG
糖尿病看護認定看護師から講義を受け、血糖測定の演習を行いました。新人看護師は、講義後に「糖尿病の患者さん個人を知ることが大事ですよね」と話してくれました。糖尿病の既往がある患者さんは、多く入院しています。患者さんの背景を考慮しながら個別化を図ることが大事です。治療は「我慢すること」ではなく「自分の身体のために」と思えるように、さまざまな角度からフォローできるように患者さんを支えて欲しいです。

5月も終わりましたが新人看護師は、元気に出勤しています。6月はローテーション研修も控えています。一緒にこれからも頑張って行きましょう
posted by 佐賀中部病院 看護課 at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

4月は11項目の新人看護集合研修を行いました。

4月2日「感染管理」についての研修でした。
IMG_7764.JPG 感染管理認定看護師から、標準予防策や廃棄物の取り扱いについての講義を受けたあとに手洗いを行い、洗い残しを確認できる器具を使用しました。指の間や手首が、洗い残しをしやすいので入念に手洗いをしましょう
IMG_7766.JPG ガウンテクニックの演習では、戸惑いながらガウンを着脱していましたが、何度も繰り返し演習を行い上手にガウンの着脱ができるようになりました

4月3日「医療安全」「接遇」「PNS」「移乗動作」についての研修でした。
IMG_7770.JPG  IMG_7768.JPG 「接遇」の演習では、2名1組になり、挨拶の動画を撮りました。自分が挨拶をしている姿を観て、「マスクをして表情が分かりにくいことに気が付きました。マスクをしていても笑顔で挨拶することを心がけます。」と意見がありました。しばらくは、マスクが外せない環境が続くと思います。患者さんの前では笑顔を忘れないように気を付けていきましょう

IMG_7775.JPG  IMG_7777.JPG  「移乗動作」では理学療法士より、ベットから車いすの以上方法について、講義を受けた後、演習を行いました。「今まで患者さんを、力任せで移乗させていたことに気づくことができました。」との意見がありました。ボディーメカニクスを意識することで、患者さんも介助者も安楽に移乗できることを体感しました。

4月7日「電子カルテ操作・看護必要度」についての研修でした。
two-nurse-check-electronic-medical-record-thumbnail.jpg  電子カルテ・記録マニュアルを参考にしながら、電子カルテの操作をしました。電子カルテを操作するこが、難しく不安な様子でしたが、すぐに慣れて入力できていました。新人看護師さんの皆さんは、電子機器の操作も上手でした。

4月8日「バイタルサイン測定」についての研修でした。
当院で使用している医療機器で演習を行いました。
IMG_7780.JPG  IMG_7779.JPG  下腿の血圧測定で患者約になった新人看護師は、「下肢に圧がかかりとても苦痛でした。患者さんに声かけをしながら素早く実践できるように頑張りたい」と言っていました これからも、患者さんの気持ちを考えながら看護を行ってほしいです。

IMG_7784.JPG  IMG_7786.JPG  
4月9日「吸引・ネブライザー・酸素吸入」
4月16日「採血・注射・血液ガス」
4月23日 「導尿・膀胱留置カテーテル・浣腸」について看護技術研修でした。
模擬人体を使用した研修でしたが、患者さんが理解できる言葉で説明しながら演習を行えていました。グループ内では、他の新人看護師が注意点を伝えながら、新人看護師が演習を行う姿が見られました。新人看護師同士が自然に助け合い、役割を分担しながら実践する姿はとても素晴らしかったです

4月30日「褥瘡・スキンテア予防と対策」についての研修でした。
IMG_7800.JPG  IMG_7808.JPG皮膚排泄ケア認定看護師2名より講義を受けました。看護の質向上のためには、褥瘡・スキンテアの予防と対策が重要であることを学びました。褥瘡予防には、看護ケアが大きなウエイトを占めており、アセスメント能力の向上が必要です。褥瘡を作らないように、クッションの使用方法にも注意していきましょう。

11名の新人看護師はとても明るく、チーム力があります。出身校は別々ですが、休憩時間になるとリラックスした雰囲気で談笑していて、とても微笑ましいです。また、研修となれば気持ちを切り替えて真剣に取り組む様子は心強く感じました
これから一年を通じて、職員全体でモナさんを支援していきます。一緒に頑張っていきましょう
posted by 佐賀中部病院 看護課 at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする